男と女のほけん室(男と女の保健室)

ホーム
痛風の症状の特徴
痛風の激痛と原因とは
痛風発作の対処法
痛風の症状に似ている病気
痛風結石と腎臓障害とは
痛風と間違われやすい病気
アルコールと痛風
「尿酸」とは…
尿酸値が高くなると・・・
尿酸値の調べ方
高尿酸血症について
尿酸値を下げる飲み物とは
尿酸値が高い方のダイエット
尿酸値を改善する運動とは
ストレスと尿酸値
高尿酸血症とプリン体
オフィスや家でストレッチ
150kcalを消費する運動量
病気の予防のために
痛風・高尿酸血症の食事
本当に怖い合併症について
高血圧の合併に減塩作戦!
脂肪の摂取を防ぐポイント
肥満を防ぐポイント
肥満度の計算方法
リンク集
お問い合わせ










 

尿酸値が高い人にオススメのダイエットの方法

◆高尿酸血症や痛風から身を守る方法

肥満の傾向がある人は、 高尿酸血症や痛風になりやすいです。 減量が必要だと言う事はお分かりのように、 ダイエットをしなくてはなりません。 肥満の人はとかく高カロリーな食べ物を好んだり、 運動する機会が極めて少ないなど全般的に運動とカロリー摂取のバランスが崩れている事が多く見受けられます。

肥満を解消するには、 やはり食事に気を使い適度な運動を習慣にしていくしかないと言えるでしょう。 ここでは、 ダイエットのための運動と食事のポイントを紹介します。



まず1つは、 1日30分の有酸素運動を最低でも週に3回行う事です。 一日約30分のウォーキングをできれば毎日続け、 もしできないようであれば15分を一日2回などに分けて週に3日は行うことにしましょう。 理想的なのは1日おきに行うのが良いとされています。 無理をせず定期的に続けるのが大事です。

2つめは仕事や家事の合間にこまめに体を動かすことです。 ストレッチや体操など何でも良いです。 定期的に伸びをするとか体や首を回すだけでも積み重ねれば立派な運動になります。 また家の中では高いところにものを置き取り出すときに少し背伸びをして物を取り出したりしまったりすることで、 下半身や腕の筋肉を使いカロリー消費につなげる事ができます。 ひとつひとつの動作を大きくするだけでも消費カロリーは変わります。

3つめとして、 普段の生活の中でエスカレーターやエレベータータクシーなどは極力使わないように行動することが運動になります。 便利さは肥満の元と考えてできるだけ自分の足で歩くように心がけることが大切です。 動くことを惜しまずこまめに体を動かして肥満を予防することで大きな病気を避ける事が出来ます。 現在はとかく便利な世の中になりましたが、 健康を維持する為に自分の身体を使い、 手抜きのない動き方をするよう心がけましょう。

⇒尿酸値を改善する適度な運動とは


Copyright(C)Men's and Women's Infirmary.
Presented by Taeko Shimohisa.
Copyright(C)Softhouse ADS.
All rights reserved.