COVID-19対策

2019年に発生したCOVID-19(新型コロナウイルス)の世界的な蔓延を受け、当面の活動について指針を示します。
なお、本ウェブページで用いる「収束」とした表現は新規感染者数の著しい減少、「終息」は事態の完全な解決を表します。
 
۞COVID-19に関する幣会の指針 [TOP] [PAGE TOP
 
既に、ご存知の方も多かろうと存じますが、弊会、原付 ツーリングクラブ モナミの母体である総合情報通信技術研究機関 ADSは、米スタンフォード大や米ジョンズ・ホプキンズ大が集計したCOVID-19に関する感染状況のデータを、日本国内の医療機関や政府、官公庁向けに定期コンバートする作業を担っています。
2020年1月末の、世界保健機関=WHOによる「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言以降も、COVID-19の感染拡大は収束を見せず、依然、予断を許さない状況が世界規模で継続しております。
 
幣会としても、感染の拡大防止に貢献できる手段を検討した結果、以下の2点に重点を置き、外面の活動を自粛する運びとなりました。
  • 世界的な感染の拡大が終息するまで、ツーリング活動を停止。
  • 世界的な感染の拡大が終息するまで、幣会の関係者4名以上が集うオフライン活動を停止。
何らかの形で幣会が関わる屋外活動は、原則的に全て停止します。
原付萌奈美に関しては全国的にファンが多い点を鑑み、この指針を一律には適用せず、原付萌奈美ぷろじぇくと運営委員会が個別に判断致しますが、イベント類の大半について中止、順延となっている状況を鑑みますと、何れにしましても活動に厳しい制限が生じるかと思われます。
幣会の会員による3名以下での個人的な活動は容認致しますが、その場合であれ、マスクの着用、手指消毒、ソーシャル・ディスタンスの確保等、徹底した感染対策を講じて下さい。
 
 
 


۞活動自粛の理由 [TOP] [PAGE TOP
 
外面の活動を自粛する最大の根拠は、先述の通りCOVID-19の世界的流行ですが、それに付随する理由として、会社、学校等からプライベートでの外出活動を禁止されている会員の存在が挙げられます。
その中には幣会の活動を支える中心人物も含まれる為、誰の健康面に問題が無くとも、積極的に何らかの計画を立案できる状況にありません。
また、会として公の活動を行うのであれば、それに参加できる権利は、弊会に名を連ねる全員に与えられて然るべきと考えています。
これは性別、国籍、年齢等、個人的な条件で会員の区別をしないと規定した幣会の方針にも則る判断です。
平常時であれ、全員の自由が約束されるケースは多くありませんが、とりわけ此度の状況は深刻で、先行きさえ見通せません。
また、冒頭に記載した通り、弊会の母体である総合情報通信技術研究機関 ADSは、米スタンフォード大や米ジョンズ・ホプキンズ大が集計したCOVID-19に関する感染状況のデータを、日本国内の医療機関や政府、官公庁向けに定期コンバートする作業を担っており、云わばコロナ対策の渦中にあります。
仮に、幣会の中でクラスターが発生し、その影響が総合情報通信技術研究機関 ADSにも及んだ場合、社会に与えるダメージが計り知れません。
従って、幣会としても、一般企業とは比較にならないレベルでの、踏み込んだ対処が必要と判断した次第です。
 
 
 


۞自粛解除の目安 [TOP] [PAGE TOP
 
事態の進展予測も正確に行えない中、具体的な自粛解除日の設定は困難ですので、一種の目安を示しておきます。
目下、総合情報通信技術研究機関 ADS関連ウェブサイト内の各所で、以下の様なCOVID-19に関する世界規模の感染者数を表示しています。


当該コンテンツは、世界規模での終息を確認できた場合に取り除かれる予定となっております。
弊会に於て、当該コンテンツが表示されている期間は、外面の活動自粛を継続します。
本ページ自体も、当該コンテンツが取り除かれて間もなく削除されます。
どうか当該コンテンツ、また本ページの公開が終了するまで、お待ち下さい。
なお、新規入会等は受け付けておりますし、オンライン上のコミュニティに関しては機能しておりますので、積極的に利用下されば幸いです。