Works
トップページ
ソフトウェア開発
ハードウェア開発
データ復旧
企画・立案
セミナー開講
リサーチ
ウェブ開発・DTP
保守
Tools
端末情報参照
簡易検索
フリープロキシ
References
コンテンツ解説
レガシー・ビューア
ダウンロード
サーバ利用者案内
アクセス調査
製作・著作
リンク集
Organization
個人情報保護方針
反社会勢力の排除
特商法に基づく表記
組織概要
名古屋電算技術室
ご連絡










関連ウェブサイト




















Mail to
Softhouse ADS.

- Content Guide -

■Site Concept
 
本ウェブサイトは、 閲覧下さる皆様の便宜を考慮し、 徹底してシンプルな構成となっています。
装飾、 画像も必要最小限に留めており、 画面サイズも横840ピクセル(スマートフォンの場合は横320ピクセル)以下を想定し設計しておりますので、 マンションやホテルに広く普及しているJCC株式会社のiBOX等、 家庭用テレビ専用インターネット端末をはじめ、 SONY PlayStation 3等、 コンシューマゲーム機に内蔵されたブラウザでも、 一応には閲覧頂けるはずです。
これら装置、 とりわけ家庭用テレビ向けインターネット端末の大部分は、 HTML5を始め、 高度なJavaScriptに対応しておらず、 jQuery、 Ajax等も正常に動作しないケースが多く、 これらを多用するWordPress等を用いて構築されたサイトも、 多くの場合、 正常には表示できません。
また、 これらの端末で、 そうしたサイトを開いてしまうと、 条件によってはブラウザが強制終了したり、 回線が切断される可能性もございます。
事実、 そうした報告を、 一部のユーザ様より頂いております。
よって、 本ウェブサイトでは、 これらフレームワークや、 Adobe Flash(一部のブラウザのみ)以外のプラグインを一切用いておりません。
最新のテクノロジを積極的に取り入れたい気持ちもございますが、 そうした端末のユーザ様には、 お年寄りや障害者の方々が非常に多く、 そうした方々への配慮も、 情報通信に携わる者の努めであるとの考えからです。
今後も、 ご要望があれば、 歩み寄れる限り、 対応を差し上げてゆく所存です。
 
本ウェブサイトでは、 ブラウザ画面のサイズにより横幅等が自由可変するレスポンシブ・デザインに加え、 コンテンツを配置し直すリキッド・レイアウトや、 特殊なブラウザ、 及び一定以上に古いブラウザ等へ向けてダイナミック・サービング、 ページ・セパレートも駆使しており、 閲覧に用いるOSやブラウザ等、 ネットサーフィンを行うブラウジング環境に応じ、 内容や、 レイアウト等を自動的に組み変えます。
 
各OS等に於ける閲覧要件を以下に摘記します。
閲覧可に含まれるブラウジング環境では、 複数のサービスが利用できない、 利用できるサービスでも一部のコンテンツが表示されないか省略される、 レイアウトが崩れる、 罫線が表示されない等、 著しい難の生じる可能性があります。
必須要件に含まれるブラウジング環境では、 一通りのサービスや機能は利用できるものの、 一部の装飾が適用されない等、 フルスペックでは利用できない可能性があります。
 
必須・推奨ブラウジング環境
閲覧可
必須要件
推奨要件
家庭用コンピュータ
Windows 3.1
Internet Explorer 2〜5.01
横840ピクセル以上の画面解像度
Windows 95〜Me
Internet Explorer 5.5〜
横840ピクセル以上の画面解像度
Windows XP以降のWindows OS
UNIX系OS
Microsoft Edge
Google Chrome , Chromium
Firefox
Opera
各OS用の最終(最新)版
横840ピクセル以上の画面解像度
家庭用ゲーム機
PlayStation Portable
PSPgo
PlayStation VitaPlayStation 3〜4
テレビ専用ネット端末
iBOX-2光BOX3
その他、 同程度のスペックを有する端末
Google TV
Fire TV
その他、 同程度のスペックを有する端末
フィーチャーフォン
可能な限り新しい端末
スマートフォン
Android 1.x以降
内蔵ブラウザ
横320ピクセル以上の画面解像度
Android 4.x以降
Google Chrome
Firefox
Opera
各OS用の最終(最新)版
横320ピクセル以上の画面解像度
Android 6.x以降
Google Chrome
Firefox
Opera
各OS用の最終(最新)版
横320ピクセル以上の画面解像度
タブレット
Android 1.x以降
内蔵ブラウザ
横840ピクセル以上の画面解像度
Android 4.x以降
Google Chrome
Firefox
Opera
各OS用の最終(最新)版
横840ピクセル以上の画面解像度
Android 6.x以降
Google Chrome
Firefox
Opera
各OS用の最終(最新)版
横840ピクセル以上の画面解像度
 
Macintosh他Macシリーズ , iPhone , iPad , iPod , Safari , PC向けWebkit系ブラウザ , Dolphin Browser , Puffin Web Browser , Smooz , Sleipnir , SkyLeap , GalapaBrowser , Netscape Navigator等は、 モデル、 バージョン等に関わらず、 推奨しません。
 
Ver.5.01以前のInternet Exploerを利用中の方は レガシービューアの解説 も参照なさって下さい。
 
新しいブラウザに向けては、 コンテンツの描画や表示制御にJavaScript、 Session Cookie(ブラウザを閉じると削除される一時的なCookie)を多用しています。
これら機能が使用できる環境で、 これら機能を無効になさっている場合は、 有効にしてから閲覧下さい。
 
次に、 本ウェブサイトのコンセプトや、 ポリシーについて触れます。
本ウェブサイトは、 電気通信事業者の公式ウェブサイトではありますが、 日々の業務や事業内容のみを掲載する、 所謂 ”宣伝サイト” にはしたくありませんでした。
閲覧下さった方々が、 少しでも便利に感じて頂ける様、 我々の事業とは直接関連性が無くとも、 本ウェブサイトの一部に、 有益な情報について得られる複数の機能を実装しています。
本ウェブページでは、 そうした一部の機能等について簡単に解説しています。
 
なお、 本ウェブサイトに於ては、 人数、 統計数等の類を3桁毎のカンマ区切りで表示し、 それ以外の数値はカンマ区切りせずに表示します。
これは小数点との混同を防ぐ為、 情報処理に根ざす者が慣例的に用いている記述手法です。
予め、 ご了承下さい。
 
本ウェブサイトを訪れて下さった方々のネットライフが、 実りあるものになります様、 心より願っております。
 

 
Client Status
 
現在、 本ページの閲覧に用いているコンピュータやネットワーク環境等、 一部の情報を取得、 表示します。
 
時折 ”IPが抜かれると即座に個人が特定される” と勘違いされている方がいらっしゃいますが、 一般的なブラウザでネットサーフィンをする限りに於て、 そうした危険性は殆ど有りません。
IP(グローバルIP)は、 常に相手のサーバ(閲覧しているウェブサイトを管理するサーバ)に伝えられるものであって、 盗まれる情報ではありません。
グローバルIPから推測できる情報としては、 契約しているプロバイダや、 直接的な接続に利用しているサーバの管理者情報、 おおよその発信地域(ホスト名に地域情報が含まれる場合等)程度に留まります。
全てではありませんが、 具体的に、 どういった情報がインターネットに流れているかは、 このClient Statusで知る事ができます。
 
プロバイダの中にはKDDI等、 1種電気通信事業者と呼ばれる事業者と、 2種電気通信事業者の2種類が存在し(但し、 現在は双方とも電気通信事業者の表記に統一されている)、 独自のインフラを有さない2種電気通信事業者は、 1種電気通信事業者の回線を利用して、 あらゆるサービスを提供しています。
我々ADSも、 総務省に登録されている2種電気通信事業者です。
大手プロバイダの中にも、 2種電気通信事業者は多数存在し、 そうしたプロバイダにより割り振られたグローバルIPは、 当該プロバイダのものではなく、 バックボーンとなっている1種電気通信事業者のものとなる場合があります。
Whois等で、 自分のグローバルIPを照会した際、 契約したプロバイダと異なる事業者の情報が表示される場合の多くは、 そうした理由です。
 
また ”P2P(Peer-to-Peer)通信により個人情報が漏洩する” と誤解されている方もいらっしゃる為、 ここで触れておきます。
P2Pは、 特定のサーバを介さず、 クライアントとなるコンピュータ同士がインターネットを経由して直接データのやりとりを行う技術であり、 それそのものの危険性は、 ブラウザによるネットサーフィンと何ら変わりありません。
極論を述べれば、 得体の知れないサーバを介さない分、 ブラウザによるネットサーフィンより安全であるとも言えます。
P2Pは現在流行しているオンラインRPG等のゲームに於ても広く利用されている技術であり ”P2Pであるから危険” ではありません。
しかしながらP2Pクライアントを介し、 何らかの情報を流出させるコンピュータ・ウィルスやワーム等に感染した場合には情報漏洩する危険性があり、 それ以外にもファイル共有ソフトウェアの設定次第で著作権違反を幇助してしまう危険性がある点には留意する必要があります。
即ち、 セキュリティ管理を怠ったり、 使い方を誤らない限り、 P2P技術やファイル共有ソフトウェアに危険性、 違法性は全くありません。
 
 
Search
 
旧Internet Explorer(5.5〜)での利用も想定した、 極めてシンプルな情報検索システムです。
当該システムによって得られるデータは、 主要エンジンが出力する検索結果等に習っています。
セレクトボックスでADSを選択すると本ドメイン(ads.selfip.com)以下、 WWWを選択するとインターネット全体を検索対象とします。
 

Open Proxy List
 
無償公開されているオープンプロキシの一部をリスト表示します(ADSプロキシではありません)。
幣所がサービスしておりましたADSプロキシは、 フリー百科事典や、 大手掲示板等にも投稿できる稀有なプロキシとして大変ご好評頂いておりましたが、 悪戯が絶えず、 現在は利用者を限定させて頂いております(新規利用は不可)。
しかしながら代替サービスを求める方が相当数いらっしゃる為、 稼動状態にあるフリープロキシサーバの情報を定期的に収集し、 当該ページでリストアップ表示しています。
ただし、 どのプロキシも、 かつてのADSプロキシの様な使い方は行えないと思われます。
また、 何れも外部のサーバ、 サービスである為、 サポートも保障も致しかねますので、 何卒ご了承下さい。
 
 

Access Counter
 
本ウェブサイトの閲覧数を表示します。
 
 

 
Information
 
本サーバの利用者に向けた管理者情報や免責事項、 個人情報の取扱に関するポリシー等を掲載しています。
 

 
Notice
 
お知らせや、 本サーバのメンテナンス情報、 サーバトラブル情報、 ウェブサイトの更新履歴を掲載しています。
トラブル情報は最新1件のみを掲載しています。
 

 
Legacy Viewer
 
旧世代のブラウザや、 JavaScriptを実行できないブラウジング環境を利用されている皆様へ向けた、 留意事項、 及び技術的な解説を掲載しています。
 

 
Download
 
無償提供可能なソフトウェア、 ドライバ、 ツール、 ドキュメント類を公開しています。
 
 
Links
 
関連法人、 個人ページへのリンクを掲載しています。
 
 
Copyright
 
本ウェブサイトを閲覧頂く際の免責事項、 出典情報を掲載しています。

  

Copyright(C)2021 Softhouse ADS Since 1989