最新の障害情報より数件のみを記載しております。
 
 
障害日時:
2021.07.18 16.00頃〜
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
サーチ・エンジンからの流入が平常時の約80倍に急増し、トラフィックがキャパシティの限界近くに達しました。
一般的なホーム・サーバの場合は同時に20アクセス前後、中小規模の電気通信事業者が運用する高性能な業務用サーバでも、同時に80〜100アクセス前後で限界を超えます。
それに対し、我々が運用するサーバは秒あたり200前後の参照要求を処理してなお余裕のある設計となっており、施設の規模に対し相当に堅牢であったのですが、此度は瞬間的に、それをも超える参照要求を同時、且つ断続的に受けました。
これにより一部サービスを停止、或いは緊急避難的にページの送出タイミング等を調整しております。
その影響で、一部サービスの応答が遅延、若しくは一時停止します。
目的のサービスが利用できない場合は、時間を置き、アクセスを試みて下さい。
 
復旧状況:
2020.07.21 12.00現在も依然として負荷が高い一方、一過性の現象ではなく、DDoSの類でもない(単純に利用者が増加した)と判断し、システムの見直しと増強を図っております。
 ↓
2020.07.22、全体的な構造の見直しと分散処理により、メイン・フレームのキャパシティを大幅に引き上げました。
加えて、些か乱暴な方法ですが、万一のフリーズ対策として、主要プログラムをオンメモリで動作させ、全てのスワップを停止し、2系統のリブータも追加致しました。
これを以て、一連のアクセス増に対する対策を完了と致します。
大きな問題が生じましたら、新たな対策を検討致します。
 
 
障害日時:
2020.04.29 03.50頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
中国、韓国、ポルトガル、オランダ他に割り振られたIP範囲の一部より、多量のアクセスを受け、一時的に接続し辛い状態となっておりました。
 
復旧状況:
2020.04.29 13.00頃、復旧致しました。
 
 
障害日時:
2018.07.19 23.30頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
韓国に割り振られたIP範囲の一部より、多量のアクセスを受け、一時的に接続し辛い状態となっておりました。
 
復旧状況:
2018.07.20 07.00頃、復旧致しました。
 
 
障害日時:
2017.02.16 16.30頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
中国に割り振られたIP範囲の一部より、秒間500セッションあまりのアクセスを受け、一時的に接続し辛い状態となっておりました。
 
復旧状況:
2017.02.16 19.00頃、自動復旧致しました。
 
 
障害日時:
2015.11.26 23.00頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
一時的に接続できない状態となっておりました。
 
復旧状況:
2015.11.27 11.00頃、自動復旧致しました。
 
 
障害日時:
2015.08.08 05.00頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第01号機
 
障害状況:
一時的に接続できない状態となっておりました。
 
復旧状況:
2015.08.08 07.00頃、自動復旧致しました。
 
 
障害日時:
2013.02.01 11.45頃
 
対象設備:
MAGI SPARTACUS 5504T - 第02号機
 
障害状況:
外部の研究機関に貸与されているコンピュータ・システムの一部が、局内トラブルにより一部のプロセスを緊急停止致しました。
これにより、外部から情報の参照が行えない状態となっておりました。
本トラブルは、外的要因によるものではございません。
 
復旧状況:
2013.02.01 23.50頃、自動復旧致しました。
 
2012.09.23時点より高まっていたトラフィックについて、概ね回復致しました。